雨漏り塗替えの専門店 関西工業所

 
ひとつ上に
    全国の降雨状況
神戸の降雨状況
 予報  週 神戸の週間天気予報
お客様の眼 工事をすることしか能のない私たちを、ときには厳しく ときには やさしく見守ってくださった 数えきれないほどのお客様の【関西工業所 評】です。
 下手で 短うて 値が高い。(でも、なぜ選んで下さったのだろう?)
先日 大規模改修工事をさせていただいた会社の社長様のお話です。 

浪花節(なにわぶし)など知らなかった私に、社長は 笑いながら教えてくれました。
冒頭のせりふは「籔井玄以(やぶいげんい)」という お医者さん(あんまさん?)の話で、そのひとについた風評のようなものだそうです。
数社からの見積も取られ、数社の意見・説明を聞かれて、
  他社より 【売り込みが下手】で
  他社より 【保証期間が短く】て
  他社より 【 値段が高い】のだそうでした。
(これは、工事が終ってからのお話ですが、【工期が長い】というのもつけ加えていただきました。もちろん、笑顔で。)


50円で雨漏りがとまった。(リフォーム会社は10万円と言ったのに。)

長雨の続いた 夕暮れ時のことだった。
タウンページで調べたのだけど、雨漏りをみてほしい、との電話がはいった。
須磨区西落合の閑静な住宅地の、本格木造住宅。
ベランダから階下へ漏水していた。
見れば、 建物はリフォーム中で 工事業者が入っている様子。
その業者さんの邪魔になってはいけないと思うので、なりゆきを聞く。
もちろん 依頼主はその業者さんにも調査・見積を頼んだという。
さらに、ちょうど そこに飛び込んできた訪問販売業者にも見てもらったとのこと。
それが なぜ弊社に電話がかかってきたのかは釈然としないのだが、なにかの勘がはたらいたらしい。
雨漏り修理の専門家というひとが見に来てくれて、「このベランダを防水すれば 雨漏りは止まります。」と言ったらしい。費用は1社が10万円、他社が12万円。
ベランダを見させていただくと、雨戸の収納部の下端が土間面と同じ高さ、戸袋の外側が腐りかけていた。
「ここでしょう。」 水をかけると、間髪をいれず 階下に漏水。
依頼主のもってきた【ホームセンターで買った 50円の粘土】をつめて(使ったのは5円分くらい…)、再度そのあたりに水をかけてみた。
「なんでや? なんで 10万かかる工事が、50円でとまるの?」
・・・・「防水」の問題ではないのである。

「何か工事してくれ。」とおっしゃるのだが、さしあたって 今しなければならないことはない。
「それでは私の気がすまない。」と繰り返されて、数年後の外装工事を約束をしよう とおっしゃる。
そのときのお電話が楽しみです。


もうそれで充分、社長に叱られるよ。 
 あるオーナーズマンションの大規模改修工事。
外部階段の改修工事。最近では防滑ビニル床シートで改修を選択になることが多いのだが、このマンションの最上階のフロアーを全部使っておられるオーナーは たいへん綺麗好きな方で その掃除のやり方は、毎日階段を水で丸洗い。
もちろん、メーカーの話では そのような使用にも耐えるとのことだったが、この材料での施工は端末がシール材での納め方になる。
この工法で施工されている建物を見ておられる人ならお気づきの方もあると思うが、この場合の側溝に行われる塗膜防水の膜厚は十分なボリュームをもって施工されることが少ない。理由はコスト的なこともあるが、垂面と底面の膜厚を均一に保つことの困難にある。膜厚に違いができると入隅の部分に亀裂が生じるのだ。
この建物を担当した職人、この部分で同じ仕事(防水材の塗布)を何日も続けた。
オーナーの奥様、最初は「何をしているのだろう?」と思っていたのだが、あまり何日も同じことをやっているのを見て、「どこが気にいらないの?」「十分きれいに見えるけど・・。」
「あかんのですわ。巾木をもっと分厚く仕上げンと。・・ここの家は。」
職人の説明を聞いた奥様。「もうこれで充分、水を流す回数を少なくするから。ネッ。」
「わたしの方は有難いけど、そんなに手間をかけて仕事してたら社長に叱られるよ。」

「いや、ウチの会社、気がついたことはやらんと叱られますねん。もうちょっとやらせてください。」
                    ○
奥様から笑いながら言われた。「頑固な会社やね。」
葉牡丹(建物のことなら! でも餅は餅屋。みんなで知恵を)
長田区の山手に 弊社が30年前に大規模改修工事をさせていただいたマンションがある。
5階建の鉄筋コンクリート住宅。
その一角にお花畑があり、毎年 年末に 管理しておられるMさんから電話をいただく。
「お正月に飾る葉牡丹ができたよ。取りに来て。」
Mさんにいただいた この葉牡丹を 会社の玄関に飾って、お正月をむかえる。

このマンションでは、いろいろなご相談もしていただける。
弊社の守備範囲外の工事の相談も けっこう多い。
水道工事、ガラス・サッシの工事、なんでも「建物のことなら関西さんや。」と言っていただけるのはありがたいが、餅は餅屋。
信頼できる専門業者さんを紹介させていただく。
長い間ひとつの仕事をやりつづけていると、いろんな現場で 良い業者さんとの付き合いもできてくる。
自分の仕事のほかに ためになる知識・知恵も学ばせてもらえる。
みんなが知恵をしぼって、少しでも良い工事ができれば なによりだと思う。
                     ・
一度だけ 葉牡丹ができなかった年があった。
震災の翌年。

  雨漏り調査・雨漏り補修・外壁劣化度診断・塗り替え時期など 防水・塗装のことなら、お気軽にご相談ください。
TEL. (078)341-1019 関西工業所  FAX.(078)341-1774 
   神戸の街で   雨漏り・塗り替え工事の専門店。 
   〒650-0025 神戸市中央区相生町5丁目17番12号
 プライバシー  サイトマップ     このページのトップへ